インターネットマーケティング : P4P

検索エンジンを使った集客手法

1.リスティング広告とは

リスティング広告(検索連動型広告)とは、Yahoo! JAPANやGoogleなどの検索エンジンの検索結果表示ページに対して、事前に設定したキーワードに応じてテキスト広告を表示させる広告のことです。

2.リスティング広告の特徴

リスティング広告の大きな特徴は、広告枠が入札制になっているということです。キーワードごとの入札金額によって順位がリアルタイムに変動します。競合よりも高い金額で入札すればより順位が上がるため、上位ポジションをキープすることができ、よりたくさんのアクセスを集めることができる仕組みになっています。またページビュー広告と違い、クリックされて初めて課金させる従量課金方式なので、コストパフォーマンスの高い広告であることがいえます。

3.リスティング広告のメリット

見込み度の高い潜在顧客にアプローチできる

検索エンジンに打ち込む「キーワード」は、ユーザーの関心そのものを示しています。能動的に情報を探しているユーザーにリーチできますので、他の広告に比べクリック率も高くなる傾向にあります。

費用対効果が高い

クリックされて初めて課金される従量課金方式なので、無駄なお金を使わなくてすみます。ただし、キーワードによっては競争が激化し逆にクリック率は高くても、コンバージョンにいたるまでの費用対効果が悪くなっているケースも多くなっています。

予算管理ができる

いろんなキーワードで広告を出すと管理が大変のはずですが、リスティング広告では予算を設定することができるので、全体費用を管理することができます。

広告文をいつでも即時に変更できる

一般的に広告は出向すると変更できないか、変更できても1回できればいいほうなのですが、リスティング広告においては、広告文を即時に変更することができます。

お問い合わせはこちら