インターネットマーケティング : テーマポータルサイト

「媒体を作る」顧客囲い込み戦略

1. テーマポータルサイトとは

テーマポータルサイトとは、潜在顧客や顧客の囲いこみを目的として、彼らが求めているニーズに焦点を絞り、そのニーズを満たす戦略コンテンツとして作られたニッチポータルサイトです。

2. テーマポータルサイトの重要性

情報の取捨選択権が消費者側に移り、消費者がコントロールを握るようになっている現在、テレビやネットにおけるバナー広告のような受け身で送り手側からのプッシュ型のメディア は従来ほど効果がなくなってきております。

そういう状況の中で、ユーザーの潜在ニーズを満たすコンテンツは、それ自体が直接企業の広告と関連がなくても、顧客・もしくは潜在顧客を囲い込めるため結果として購買に結びつく確率が従来のメディアに比べて高くなっていることが分かります。

それが、現在のCGMの隆盛と大いに結びついているのです。

※CGM:(Consumer Generated Media)インターネットなどを活用して消費者が内容を生成していくメディア。

CGMも含めて消費者が何度も訪問したくなるテーマポータルサイトをどう作れるかは、各企業にとって非常に重要な問題になってきております。

3.IMSのテーマポータルサイト

テーマポータルは、一つのポータルサイト作成ですので、ある意味一つの事業です。ただポータルを作ればよいということではなく、市場の動向・潜在顧客ニーズ・費用対効果などを前提としてすべて検討した上で、Web構築を進めていく流れになるわけでそこにはかなりのノウハウが必要となります。弊社はウェブ構築をビジネスから考えていく会社ですので、この部分は得意な領域です。集客に関して行き詰っている方がいらしたらぜひご相談ください。

こんな方にお勧め 

  • 従来のオンライン広告だけでは、集客力がないため新しい切り口で見込み客を集客したい
  • オフライン・オンラインを含めた広告費全体を削減したい
    • オフラインの広告を減らして、テーマポータルサイトを作ることにより広告効果を下げることなくコストを削減できます。
  • 顧客を囲い込むためのコンテンツが欲しい

お問い合わせはこちら