インターネットマーケティング : アクセス解析

アクセス解析の重要性

マーケティング戦略を実行していく際に、PDCAサイクルの実践は不可欠です。いくらウェブビジネスの事業計画が成功しそうなものであっても、実際に進めてみるといろんな予想外のことが起きるものです。その壁を乗り越えて成功するためには、PDCAサイクルを実行し、常にビジネス全般を改善しながら成功するまでに行う必要があります。

このPDCAサイクルの実践とアクセス解析は 非常に密接に関連しているのです。

KPIを定めることの重要性

KPIとは、Key Performance Indicatorの略で、数字で達成度をあらわす主要業績評価指標になります。ただ、売上を上げる、利益を上げる、注文をたくさん取るなどの曖昧な目標設定では、結果を正確に判定できません。KPIを定めることによって、P(目標)が明確に数値化されて可視化されます。このように目標を主要業績評価指標に基づくことで、共通目標に向かって進むための社員間コンセンサスをとることが可能になるわけです。

また、目標を明確にKPIで数値化すると、実際に達成度もまた数値で判断できます。この差異を分析(Check)することによって、どこに問題があるのかが明確になるわけです。そしてこの現実の達成状況をを確認するのがアクセス解析の重要な役割になるのです。

アクセス解析はシステムよりも運用が大事

しかし、現状アクセス解析は、このKPI設定や、PDCAサイクルの確認のために使われるべきツールであるにもかかわらず、ソフトの機能ばかりがフォーカスされ、ソフトの性能のほうにフォーカスが当たりすぎる傾向にあります。いくらベンダーがソフトウェアを販売したいという明確な目的があるとはいえ、システムよりの議論に終始する点が多いのは非常に残念なことです。

アクセス解析で重要なのは、成功するためには単に計測技術(アクセス解析ソフト)に投資するだけではいけないのです。たしかに技術やその技術を使う人に投資しなければそもそも成功しないのは当たり前です。

しかし、それらの投資のまわりにしっかりした運用プロセスを構築しなければ失敗する確率が高いのです。KPIを使用するということはこういった運用プロセスを明確にすることなのです。このKPIの設定や、PDCAサイクルの見方、各指標の改善方法に関して触れているWeb会社はほとんど見受けられません。

IMSはアクセス解析の導入から・運用・KPIの設定・各指標の分析まですべてにおいて自信を持っております。ただシステムを入れるのではなく、その後の数値目標の設定・運用・そして一番大事なこの分析結果からどのように対策氏、ROI増加に結び付けていくか?この部分に興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら